脂肪吸引のメリットとデメリットについて

ダイエットにはさまざまな方法がありますが、美容外科などで行われているものに、脂肪吸引があります。

ダイエットというと、食事をがまんしてカロリー制限をしなければならなかったり、ウォーキングや筋トレなど辛い運動を続けなければならないというイメージですが、このような辛い思いをすることなく痩せられる方法が脂肪吸引です。

しかし、脂肪吸引はメリットばかりではありません。



メリットとデメリットの両方があります。



まずメリットは、痩せたい部分を集中的に細くできるということです。

食事や運動によるダイエットはからだ全体の脂肪が燃焼されるため、たとえば痩せてほしくないバストばかりが小さくなったり、顔がげっそりしてやつれてしまうおそれがあります。
しかし、脂肪吸引ならば、気になるその部分だけをピンポイントで細くすることができます。

また、通常のダイエットではなかなか細くすることが難しい部位を集中的に細くすることが可能です。



そしてふたつめは、リバウンドが起こりにくいということです。

通常のダイエットではエネルギーの摂取が増えればまた太る可能性がありますが、吸引の場合には、脂肪細胞ごと減らすので、リバウンドがしにくくなります。

そしてデメリットは、高額であるということです。

部位や方法によっても異なりますが、安くても20万円以上はかかります。

そして、手術を行うために、痛みをともなうことや、手術後に腫れが長引くことがあります。